榊原温泉病院-特定医療法人暲純会(ショウジュンカイ)

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ大

三重県津市榊原町1033-4 TEL:059-252-111


看護部

  • HOME
  • 看護部
  • 榊原ナースの声 〜先輩ナースのメッセージ〜

榊原ナースの声
〜先輩ナースのメッセージ〜

新人ナース

中村萌々

平成30年度入職 新人看護師

中村さん

現在内科病棟で勤務しています。様々な疾患を持つ患者さまと関わり、日々勉強をすることも多いが、師長さんをはじめ、先輩方がやさしく丁寧に指導してくれるので安心して仕事に取り組めています。 また、同じ看護学校の先輩も多いので相談もしやすい環境です。今は、慣れないことも多く、大変に思う仕事の中でも、患者さまやご家族から「いつも優しくしてくれてありがとう」という言葉をかけてもらい、とても励みになっています。 これからも基本を忘れず、患者さまやご家族に寄り添う看護を提供していきたいです。

ママさんナース

前田静香

平成27年度入職 ママさんナース

前田さん

私は、一児のママです。医療療養病棟に2年勤務し、育児休暇を経て仕事に復帰しました。子供は、病院敷地内にある保育園に預けています。いつも近くにいることができ、発熱時や体調不良の時など異常があればすぐに連絡が来るので、とても安心して働くことができています。病棟での業務は、朝ゆっくり身支度ができるように変則勤務を導入してもらい、少しでも育児の負担軽減ができるように考慮してもらっており、とても働きやすく、楽しく仕事ができています。

私の所属する病棟は、医療や看護を必要とする患者さまが多く入院されています。患者さまやご家族の今の生活や気持ちに寄り添い、楽しみや喜び、生きがいをみつけてもらえた時に看護師になって良かったと感じています。

まだまだ一児の新米ママですが、子育てと仕事の両立を図り、患者さまやご家族に寄り添った看護ができるように、看護師としてのスキルを磨いていきたいと思います。

中堅ナース

川合智子

平成18年入職

川合さん

新人から12年間、外来と血液浄化センターに配属され、幅広い看護を経験してきました。最初は、現場に出て救急看護やさまざまな疾患に直面し、十分な知識や判断力も浅く、その中でも日々業務に追われながら、知識を深めるために自己学習も積み重ねてきた記憶が残っています。慣れない業務や雰囲気から仕事が嫌になった時もありましたが、先輩方に親身になって支えて頂き、今の自分があることに感謝しています。その中で、人の命に関わる職業だからこそ、時には厳しさもありました。今ではその厳しさがあってこそ自分の看護を見つめ直す機会となり、先輩方のアドバイスのもと、目の前にいる患者さまとの様々な関わりや経験から日々看護師として自分が成長できたと実感しています。

私は、現在病棟に配属され、新しい職場環境の中で勤務しています。日々忙しさはありますが、職場の雰囲気が良いため、不慣れな業務もペアナースで実践できるため安心して携われています。病棟経験は浅いですが、今まで身につけた看護技術を活かし、今度は先輩方のように支えられる存在を目指していきたいと思っています。

ナースマン

萩野司

平成12年入職 ナースマン 看護主任

萩野さん

入職当初、男性看護師は1名で肩身の狭い思いをしたこともありましたが、女性スタッフもやさしく、協力して働くことができています。現在、回復期リハビリテーション病棟に配属になっています。障害を抱えた患者さまのリハビリテーションを支援していく病棟です。患者さまは入院当初、今後のことや自分の思い通りに身体が動かないことに対して不安や苛立ちを持たれる方もいます。しかし、患者さまに対して医療スタッフがチームを組んで身体的・精神的、社会的にサポートを行います。紆余曲折はありますが、退院日に患者さまが少しでも元気になって、喜んで退院していかれる姿を見るととてもうれしいですし、やりがいを感じます。病棟に笑顔が広がる時間です。

今後の目標としては、看護主任の立場で部署のワークライフバランスの確立ができればと思っています。心身ともに健全なスタッフが関わることで、患者さまの心身の健康に寄与できればと思っています。
topへ戻る